高山中央ロータリークラブ
HOME  >  会長挨拶
HOME
会長挨拶
クラブ沿革
理事・役員・委員会
年間行事
会報
会員専用
バナー紹介
会長挨拶
 
高山中央ロータリークラブ会長
 
〜「躍動!」〜
Move up
高山中央ロータリークラブ
会長 坂之上 健一
躍動とは「いきいきと活動する」を意味します。本年度高山中央ロータリークラブは会員一丸となり、いきいきと活動をすることをテーマに向かっていきます。

2019-2020年度国際ロータリー会長のマーク・ダニエル・マローニー氏のテーマは「ROTARY CONNECTS THE WORLD/ロータリーは世界をつなぐ」としました。

私たちはロータリークラブがなければ出会う事がなかった人たちや支援を必要とする人たちとつながり、日本だけではなく世界中の地域社会で人生を変えるような活動を行う事を可能にしています。現在世界的にロータリアンの人口も減る中で、規定審議会が+採択した内容によって活動をしていかなければなりません。しかし、ロータリーの未来を形作る本当の場所はクラブです。刻々と変化する現実に対応するために、ロータリーはクラブに注力をしていかなくてはならないと思います。現在、高山中央ロータリークラブはチャーターメンバーを中心とし若いメンバーも増え色々な面で活発で前向きな活動をしていると思います。また、次年度には当クラブより「剱田ガバナー」本年度は「清水アシスタントガバナー」を輩出することとなりクラブとしては益々活気づく事となります。特に本年度は地区事業などたくさんありクラブ一丸となって頑張らなくてはいけない時だと思っております。この大変な時に会長を仰せつかった私としては、責任を痛感しており、どのようにクラブを盛り上げていこうか堀口幹事と共に考えておりますが、まずは本年度テーマにあげた「躍動!」これを実践するために以下の活動を実行していきたいと思っております。

1. ロータリー賞受賞目標!
ロータリー賞受賞を目標とすることがクラブの活性化となり、全員参加型のクラブ運営となります。

2. 地区補助金事業の実施
「文化遺産の技法を体験」と題して、高山市では国の有形重要文化財である「祭屋台」の修理・保存を手掛ける「飛騨の匠」の後継者不足が問題となっており、その一助となる事業を実施いたします。

3. 出前講座の実施
当クラブが長年行っている青少年育成事業の一つとして中学生を対象としたキャリア教育の事業を実施します。

4. ロータリーデーの開催
「ポリオ撲滅募金」をメインに、ロータリーの活動をより広く知ってもらうために市内のイベントに参加し活動内容を掲示し、ロータリーのイメージ向上事業を開催します。

5. インターアクトクラブ事業に参加
下呂ロータリークラブと共催しているインターアクトクラブの事業に参加する。
また早い時期に当クラブがインターアクトクラブを設立できるように準備する。

6. 会員増強純増2名以上
クラブを活性化させる要因の一つである会員増強に力を入れ、それと同様に退会防止にも力を入れていく。

以上の目標を掲げ、幹事共々頑張っていきたいと思っております。
最後に、会員皆様のお力添えをいただき目標を達成し、益々良いクラブが、そして何より楽しいクラブづくりができればと思っております。
一年間どうぞよろしくお願い致します。